クラミジア検査ができる検査キットの画像

クラミジアは日本でもかなり高い確率で感染している方が居ます。若い世代でもかなり感染者が増加してきています。自分は大丈夫、と慢心せずきちんとクラミジア検査をすることをおすすめいたします。

無症状で時々寒気を伴う性病の発見にはクラミジア検査

性病の一つに性器クラミジアという病気があります。当該性病は日本においては決して珍しくない性病ですが、感染しても約8割程度の人は無症状だと言われています。当該病気の主な症状は、男女で異なりますが、男性の場合には、尿道に痛みを感じたり、尿道から膿が出たりします。女性の場合には、おりものが増加したりします。この性器クラミジアを治療しないと場合によっては重い病気が起きる場合があります。男性の場合には前立腺炎・副睾丸炎(精巣上体炎)・肝炎・腎炎等になる場合があります。女性の場合には、女性の場合には急性腹膜炎・子宮頸管炎・子宮内膜炎・卵管炎・骨盤腹膜炎・肝周囲炎(Fitz-Hugh-Curtis症候群)・卵巣炎子宮外妊娠(卵管妊娠)・不妊の原因等になる場合があります。更に、性器クラミジアを罹患していると、男女他の性病の感染率が高くなると言われており、決して放置してはいけない性病の一つです。性器クラミジアを治療せずに放置すると、場合によっては寒気という症状が出る場合があります。例えば、性器クラミジアを放置すると骨盤腹膜炎になりますが、骨盤腹膜炎を罹患した場合には寒気という症状が出る場合があります。それは、骨盤腹膜炎は高熱になる場合があり、その高熱が出る場合に併発する症状として寒気・吐き気が人によっては併発するという事があるからです。当該骨盤腹膜炎は、高熱・寒気・吐き気以外にも、下腹部痛・腰痛・性交時の痛み等を引き起こします。この骨盤腹膜炎の発症原因の一つが性器クラミジアという性病です。性器クラミジアは、先にも説明いたしましたが、治療しないと様々な病気の発症原因になる場合がありますので、早期の治療が必要になりますので、その場合の検査はクラミジア検査になります。