クラミジア検査ができる検査キットの画像

クラミジアは日本でもかなり高い確率で感染している方が居ます。若い世代でもかなり感染者が増加してきています。自分は大丈夫、と慢心せずきちんとクラミジア検査をすることをおすすめいたします。

消毒だけではなくクラミジア検査で再発を防止

性病の一つに性器・咽頭クラミジアという病気があります。性器・咽頭クラミジアは一度治療が成功して性病原因菌が死滅すれば、治療は終了します。しかし、この性器・咽頭クラミジアというのは、再発する事が決して珍しくない病気です。再発理由として、治療が不完全だった場合・他の部位に性病原因菌が潜んでいた場合・パートナーが感染している場合があります(ピンポン感染と言います)。当該性病の再発を防ぐためには性病原因菌を完全に消毒(消毒という言葉の狭義の意味は病原微生物を殺すことの意味があります)する事が必要であります。完全に消毒するというのは、感染個所は性器以外(例えば咽頭)にもいる場合があるので、性器以外の性病原因菌を消毒する事が大切です。また、セックスパートナーが性器・咽頭クラミジアを罹患している場合には、自分だけ治療しても意味がありません。自分が性器・咽頭クラミジアを罹患していれば、少なくない確率でセックスパートナーも罹患している可能性がありますので、その場合には、セックスパートナーも性病検査が必要になります。また、不特定多数と性交渉する場合にはコンドーム等の避妊具をつけると、性器・咽頭クラミジアを罹患する確率は低くなります。当該性器・咽頭クラミジアは、罹患しても無症状の事が多いので、気にしない人がいますが、性器・咽頭クラミジアを治療せずに放置すると思い病気を発症させる原因になる事もあります。更に、他の性病感染リスクも上げてしまう事が報告されています。そのような事にならない様に、本当の意味で当該性病を治療する場合には、当該性病の性病原因菌であるクラミジア・トラコマチスを治療により感染消毒する必要があります。完全消毒が成功したかどうかは、クラミジア検査を行う必要があります。