クラミジア検査ができる検査キットの画像

クラミジアは日本でもかなり高い確率で感染している方が居ます。若い世代でもかなり感染者が増加してきています。自分は大丈夫、と慢心せずきちんとクラミジア検査をすることをおすすめいたします。

喉た性器に影響する病原体を見つけるクラミジア検査

クラミジア感染症はクラミジア・トラコマチスという病原体で細胞内に寄生しているのを治療しないでそのままにすると細胞内で増殖していき炎症が起きます。

クラミジアは主に、粘液の接触で移るウィルスなので、感染経路として感染者と性行為をしている時に感染するケースが多いですが、挿入行為をしていないのに感染することもあります。

クラミジアは粘液の接触で感染するので、挿入行為をしなくてもオーラルセックスでも感染するケースも多く、感染部位が喉にも影響することもありますが、コンドームをしていてもクラミジアは感染率が高いので、感染しないで性交渉ができる保証はありません。

クラミジアは症状自体はそれほど恐れるほどのものではなくても、そのまま治療しないままにすると、感染範囲は広がるので、子供を授かりたいからと性交渉をしても不妊症になることもあるので、うまくいかないことがあります。

クラミジアは自覚症状が少ないので、クラミジアに感染していることに感染者が気づかないことも多いです。

また、クラミジアは性交渉の経験がある場合は、知らない間にうつされている可能性もあるので、風俗店などの性交渉ができる店を利用したことがあったり、不特定多数の異性と性交渉をしたことがある場合は、性病検査を受けたほうがいいです。

ただ、クラミジアは性病に属する疾患としての認識が強いので、病院で検査してもらいに行くのに抵抗がある人も多いですが、家にいながらクラミジア検査をすることができるサービスがあり、ネット上から申し込みを行うと性病検査キットを郵送してもらうことができるので、性病検査キットに血液などを採取して、郵便ポストに性病僅差キットを投函することで、後日検査結果を送ってもらうことが可能ですので、病院にいきづらいけれどクラミジアに感染していないか心配な時など利用してみるのも手です。