クラミジア検査ができる検査キットの画像

クラミジアは日本でもかなり高い確率で感染している方が居ます。若い世代でもかなり感染者が増加してきています。自分は大丈夫、と慢心せずきちんとクラミジア検査をすることをおすすめいたします。

医者に質問せずともクラミジア検査キット、放置は危険

最近若い男女の間でよく見られる性病の1つが、クラミジアです。

クラミジアは昔は目にすんでおり、目に発生していましたが、下水道の発達によって体が清潔に保たれるようになったためあまり見られなくなりました。

その代わりに10~20代の若い男女がアナルセックス、オーラルセックス、ディープキスなどの過激な性行為によって感染する人が増えてきました。

クラミジアに感染すると何か体に症状がでるまでに、1か月程度潜伏期間があるため何も治療をせずに放置するとクラミジアが感染拡大をします。

さらに最近ではインターネットが普及したことによって、不特定多数の男女が出会い系サイトなどを利用してオーラルセックスをする人が増えてきました。

ネットには成人向け動画が誰でも簡単に見ることができるし、好奇心旺盛な若い男女が不特定多数の相手と刺激を求めて性行為を楽しみ、もしクラミジアに感染していたら相手に感染させてしまうことになるのです。

出会い系サイトの交際は1度きりのことも多く、クラミジアに感染したことが分かっても誰から感染したのか把握できないことも多いです。

なのでもし男性の性器をなめしゃぶるフェラチオという行為をし、しばらくしてから風邪のような症状に悩まされて、風邪薬をのんでもなかなか治らなかったら、クラミジア検査をするといいです。

なかなか病院へ行って症状を質問され答えるのが恥ずかしいものですが、クラミジアは放置していても治りません。

病院へ行きづらかったら、インターネットでもクラミジア検査のキットが売っているので、取り寄せて調べることもできます。

女性ならおりものを少し取り、送るとクラミジアに感染しているかどうかが分かります。

重篤な症状が出る前に治療をする必要があります。