クラミジア検査ができる検査キットの画像

クラミジアは日本でもかなり高い確率で感染している方が居ます。若い世代でもかなり感染者が増加してきています。自分は大丈夫、と慢心せずきちんとクラミジア検査をすることをおすすめいたします。

クラミジア検査はどんな検査内容?

クラミジアと言えば、性病の中でもよく聞かれる名前です。 男女によって症状は異なり、男性の場合は尿道の痒みや不快感、さらには膿が出てくる事もあります。 一方の女性の場合は、特に症状が出ない人が多く、あったとしてもオリモノの増加、下腹部の痛み程度です。 日頃からオリモノが多かったり、生理痛が酷い人の場合は気づきにくい事もあるので注意が必要です。 もし思い当たる節があって、クラミジア検査を受けたいと思った時は、男性は泌尿器科、女性は産婦人科で調べてもらいます。 検査方法も男女によって違いがあり、男性の場合は尿を採取して、クラミジアの感染状態を確認します。 そして女性は、子宮頚管から分泌物を採取し、原因となるクラミジアトラコマティスという病原体の有無を確認します。 男性よりも女性の方が検査方法が複雑で、しかも女性の方が症状が出にくい事から、クラミジア検査を受けようとする人が少ないのが現状です。 ただし放置しておくと、HIVや淋病など他の性病への感染率が高くなったり、不妊症などの原因にもなったりします。 そのため、もしパートナーからクラミジアに感染していると申告されたり、性風俗の仕事に従事している人は、検査を受けて感染していた場合はきちんと治療を受けておく事が大切です。 医師や看護師に検査を依頼するのが恥ずかしいと感じる場合は、自宅で腟分泌液を採取し検査機関に提出して検査してもらう方法もあります。 またクラミジアは性器だけではなく、喉に感染する場合もあります。 こちらも当然人に感染させる恐れがありますから、検査して治療しておく事が大切です。 検査方法は、綿棒のようなもので喉を軽くこすって粘膜を採取して行われます。 また、結果が出て感染していればジスロマックで治療することになります。 ジスロマックは病院で処方される他、通販などでも売っているところがあるそうです。

クラミジア検査は病院じゃないと受けられないのか

クラミジアとは性感染症の一種です。症状を感じにくいことが多く、気づかないままパートナーにうつしてしまうこともあります。気づかないままほっておくと、女性の場合は不妊症や子宮外妊娠の原因となることもあります。若い人の感染者が多く、問題になっています。クラミジアに感染しているかどうかは、クラミジア検査をすれば分かります。クラミジアの検査は病院でしか受けられないのでしょうか。 クラミジア検査を受ける方法は3つあります。一つ目は病院です。男性なら泌尿器科、女性なら産婦人科で検査が可能です。病院で受けるメリットは、感染していた場合、すぐに治療に入ることができることです。デメリットとしては、病院に行かなければならず恥ずかしい、保険証を使うので親にばれる、症状がない段階での検査では保険の適用にならないこともありお金がかかる、という点が挙げられます。 二つ目は保健所です。全国の保健所で無料・匿名で性感染症の検査をしています。保健所によって検査項目が異なりますが、クラミジアは感染者の多い性感染症なので、ほとんどの保健所で検査可能です。ただし、保健所では平日昼間の1~2週間に1回程度しか検査日がありません。保健所で受けるメリットは、無料・匿名で検査を受けることができる。デメリットは、検査日に予定を合わせなければいけないことです。ちなみに、病院も保健所も検査の精度は変わりません。 三つ目は、検査キットを使う方法です。検査に必要な器具をセットしたものが販売されており、この器具を使って自分で血液や粘膜のサンプルを採取します。採取したものを検査機関に送ると、結果が通知されます。検査キットを使った場合も、検査の精度は病院や保健所と同じです。メリットは誰にも知られずに検査ができること。デメリットは、自分でサンプルを採取しないといけないこと、費用がかかる(1万円前後)ことです。

クラミジア検査は男女で料金が変わる?

性病の検査をするときに、どれだけの費用がかかるのか不安で、なかなか検査を受けることができない人もいるかもしれませんが、保健所などでは無料で検査を受けることができますし、性病検査キットで検査をする場合には、病院よりも安くすみます。 性病の中でも、もっとも感染者数の多いクラミジア検査は、女性の場合には婦人科で、男性の場合には泌尿器科で検査を受けることができます。 女性の場合には、子宮の中のクラミジアトラコマティスという菌を検査するため、子宮の中の分泌物を採取する必要があります。 男性の場合には、尿道にあるクラミジアの菌を検査するため、尿を採取して検査を行います。このように、男女で検査の方法が違うため、女性はクラミジア検査に抵抗感を持つ人も多いかもしれません。 病院とは違い、保健所で検査を受けるメリットは、匿名で受けることができ、プライバシーを守りたい人にはおすすめの方法です。基本的に、保健所での検査は無料で行っているため、費用を気にする必要はありません。 ただ、保健所によっては、検査をする日時が決まっていたり、咽頭クラミジア検査は行っていないなど、保健所によって違いがありますから、事前に確認しておくとよいでしょう。 また、検査で感染が発覚した場合には、保健所では治療を行うことができませんから、病院で再検査をする手間があります。 病院や保健所に行く時間がなかったり、恥ずかしくてどうしても人と顔を合わせたくないという人には、市販の検査キットを購入して、郵送で検査機関に送るという方法もあります。 ただ、この検査も、感染していた場合には、病院で治療を受ける必要があるので、感染の有無だけをとりあえず知りたいという場合に行うとよいでしょう。